地産地消

先日、お客様から美味しくて面白いお菓子をいただきました。岐阜県土岐市のBun-Buku「福どら」リンゴ味。土岐商業高校と民間企業のコラボレーション商品。冷蔵庫で冷やして食べるドラ焼き。しっとりした皮に、リンゴ味のクリームを挟み込んだ美味しいスウィーツ!とても美味しかったので、ぜひ皆様もご賞味あれ。「地産地消の味」ですので安心しますね。ところで・・今は学校と企業が手を組んで、いろいろな商品開発しているみたいですね。海外では大学生がコンピューターソフトウェアを開発して起業する話はよく聞きます。いち企業が研究開発するとなると、それなりの投資をしなくてはいけないし、新しいアイデアを産む時間が必要になるんでしょう。日本の自動車会社でも大学とのコラボしていますよね。コンビニでも学生コラボの商品があると聞きましたので探してみよう・・・13年前の2月3日、2と3で文(フミ)の日。郵便番号が5ケタから7ケタに変わりました。最近は手紙を書くことも少なくなりましたね。郵便番号が7ケタにした目的は「住所の省略ができる」と言っていたらしいです。7ケタになることで世間では賛否両論あったらしいですね。郵便番号をコンピューターで入力していた機械は、すべて買い替えなくてはいけないですものね。「変化」とはお金のかかること。と考えてしまいます。変化の第一歩を踏み出すには、かなりの勇気が必要ですし、未来が見えないと恐怖しますし。仕事上、手紙を書くことも多いのですが、プライベートでは無いですね。
たまには手紙を書いてみようかな。書くことで、書くことで面白い変化があるかも。。。
岐阜市の不動産屋で土地探し