プランの考え方

暮らしインタビューをおこないました。岐阜で注文住宅を建てる方にとって、暮らしインタビューはプランの命!どんなに要望が叶っていても、恰好がよくても使いにくかったら、結局無駄な空間となってしまったら、プランとしても、金額としてももったいない話となってしまいますよね。実際にお客様のお住まいにうかがって、お話しを聞くことでそういった無駄のない、お客様にとって適した内容のプランを作れるようにしています。また、1年間あたためてきた、お客様の家への想い。インタビューも終わり、そのお客様の家が形になるのが楽しみでなりません^^ところで、今日はお客様のお宅で、お話しを。これから自分たちが家を建てたとき、どのくらいの予算をみていたらよいのか・・・皆様思うところは同じですね。でもこれが大事。ご契約をいただく前に、「いくらかかるのか」をしっかり示す。これも工務店の1つのスタイルです。夢を満足の形にできるように、がんばりますね!!上棟を行いました。おかげ様で気になっていた天気も晴れて、朝パラついた雨も問題無く棟上げをしました。11月末となれば空気も冷たく、それが職人さんたちの熱気を程よく冷やしてくれます。母屋の隣で離れを建てる計画でしたので、「母屋とのつながり」を重要視した家です。自慢の綺麗な岐阜産の「長良杉」です。杉のいい匂いが漂います。柱・梁・桁と、着々と上げていきます。夕方、家の形は、ほぼ見えてきました。棟上げ後「餅まき」をし、地域の方々から祝福を受けました。棟梁に祝詞を詠んでいただき、今後の工事の安全と、ご家族の健康をお祈りします。「エイエイオー!」みんなの家づくり。張り切って行きましょう!!